fc2ブログ

第7回紀州釣り遊撃釣行。

10月30日(月)、大阪湾某所にて第7回目の遊撃釣行です。
午前6時25分、釣り場到着です。
先行釣り人2名、しかしほぼ入れ違いに帰って行かれました。

午前6時45分、釣り開始です。
またいつもの道具たて仕掛けにダンゴ配分で刺しエサは砂糖漬けオキアミだけで紀州釣りをします。
ダンゴの投点は竿下少し向こうタナは底切り5㎝を維持した基本釣法です。
ダンゴの握りは、パサ気味でふんわり圧力をかけずに握って、手数を多くしてダンゴの表面はカチカチ、芯の方はふわふわな感じで仕上げます。刺しエサの砂糖漬けオキアミは完全に乾いたエサなので比較的ヌカが付着せずボラを避けるにはよろしいかと思います。

開始30分でわかったことはエサ取りの魚の活性は非常に高いということでなかなかいい感じです。

午前7時30分、チヌ系のアタリ。本来はチヌのアタリなのですがあまりにも早くアタリが出ているのでチヌ以外のタイ系の魚と読んでいます。アワセを入れるとやはり22㎝キビレです。
それ以降ポツリポツリと同じサイズのキビレを釣っていきます。

午前8時15分、チヌ系のアタリ。本アタリでアワセを入れて乗りました。姿を見せたのはキビレじゃ無くて22㎝チヌでした。
開始1時間30分でチヌが釣れました。本日はいいかもと思いました。

午前8時22分、それを裏付けるように次の投回でした。またもやチヌのアタリ。本アタリの核心部分でアワセを入れます。
竿下少し向こうの投点なのでゴンと魚の重みが乗ります。良く引きます。冷静にいなしてチヌ43.5㎝でした。

DSCN2061_convert_20231107190146.jpg


午前8時30分、引き続いて次の投回でした。またもやチヌのアタリ。アワセを入れて25㎝チヌ。これで3連荘でチヌが釣れました。
引き続き3連荘でキビレが釣れます。
絶好調です。ひょっとしたらラッシュを掛けれるかもと考えます。

が、そういう欲を出すとよろしくないわけで何故かどうしてかアタリがピタッっと止まりました。
それにとって代わってボラが大量に集まってきました。

以降、ボラ祭りが続きます。キビレもどこかに行ってしまったようです。
なんだかんだと策を講じますがなかなか状況が変わりません。

午前10時55分、間隙をついてのアタリで28㎝チヌ。
これが唯一の間隙でした。

以降もボラ祭りです。

・・・・・・・・
・・・・・・・
・・・・・・
・・・・



なすすべなく午後1時05分、ダンゴ切れにて納竿です。

午後1時35分、後片付けと清掃をして撤退です。本日は潮上から流れてきた集魚剤の袋などいろいろなゴミをすくいました。
何処に行っても釣り人が出すゴミが酷いです。いづれ何処も釣り禁止になるのではと思いながら釣り場を後にしました。

DSCN2060_convert_20231107190220.jpg
これは集魚剤の袋です。釣り人の中にはモラルとかマナーに問題がある人が結構な割合でいると
思います。持ち帰って家庭ゴミで捨てるのが常識です。




本日の全釣果です。
チヌ(43.5、28、26、22㎝)4枚。20㎝前後のキビレ7、チャリコ2、アジ1、フグ3、以上でした。


まとめです。
午前9時までは極めて好調でチヌが確実に寄ってきているのが実感できたのですが、それ以降は海の中の様相がガラッと変わってしまいました。
大量のボラがポイントに寄り、午後はそれに加えてアイゴも寄っていました。
状況の転換を試みましたがいかんとも効果なく納竿に至りました。
なぜそうなったのか不明ですが、これも自然の懐深さだと考えております。
なにはともあれ本日も釣りに行けてチヌを釣ることができて感謝です。

それでは失礼いたします。


DSCN2062_convert_20231107190247.jpg
                  きれいなチヌです。

DSCN2063_convert_20231107190313.jpg
                 このチヌもきれいです。

DSCN2064_convert_20231107190343.jpg
                 帰り際の空です。



小チヌ師じゃない本格チヌ師達の日々奮闘のブログ群はこちらから閲覧できます。
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 紀州釣りへ
にほんブログ村
    ↑
小チヌ師じゃない本格紀州釣り師達の日々奮闘のブログ群はこちらから閲覧できます。
スポンサーサイト



テーマ : 釣り - ジャンル : 趣味・実用