fc2ブログ

大阪湾でフカセチヌ3

6月2日(木)、大阪湾のホームグランドでのフカセチヌです。

前々回、大阪湾のホームグランド激流ポイントでフカセ釣りにて釣果を得ることが出来ましたので、それを検証する釣行です。
前回は途中から風が強くなり釣り座に波がかぶりだしましたのでレギュラーポイントに移動、中途半端になってしまいチヌの釣果を得ることが出来ませんでした。
よって再度の釣行です。

午前6時30分、釣り場に到着です。
先行釣り人、4名ほどです。激流ポイントには誰もいません。

本日の天候は晴れ。風は微風。まったく問題ありません。
潮は中潮、それなりに速い流れの中、釣ることとなりますが、なんとか釣れれればと考えています。

午前7時00分、釣り開始です
見渡す限り誰もいません。20mほど沖に撒き餌を打ちチヌを集めます。

潮の流れは・・・・・・まったく止まっています。
そのうち動き出しあっという間に速くなるので今のうちにポイントを作っておきます.。


午前8時00分。釣り開始から1時間が経ちましたがまだ潮が流れていません。ぼちぼちと動き出すと思います。ポイントはもう出来上がっていると思います。


午前9時00分。2時間経過しました。いまだまったく潮は流れていません。釣れるのはフグのみです。


午前10時00分。恐ろしいことに潮は流れておりません。いったいどうなっているのでしょう。
眼前の海は、淀んでいます。流れ藻のアマモの断片がづっと目の前にあります。

午前11時00分。この1時間もまったく流れがありませんでした。経験上極めてよろしくないパターンです。
もちろんチヌは釣れておりません。
そして午前11時10分、納竿です。こういう日はさっさと帰って別のことをするのがベストな判断だと思います。
帰り際広大な釣り場を見渡すと誰もいませんでした。これは毎度よくある光景です。



本日の全釣果です。
チヌ、ボーズです。釣れませんでした。フグ7匹、以上でした。


まとめです。
まったく予想外の展開でした。まさか潮が最後まで流れないとは思ってもいませんでした。
この場所の一番いけないパターンです。
ここのチヌは速い潮流の中、ある一定の潮速以下になった時に流れの中で食ってきます。
例えるなら川の流れの中でオイカワとかを釣っている感じに近いです。
で、流れが長く止まるとほぼ釣れた試しがありません。
よってこういう日はあきらめて帰るようにしています。


それでは失礼いたします。



DSCN1583_convert_20220630071924.jpg
この写真で淀んでいるのがわかりますでしょうか?まったく手も足も出ない釣行でした。




小チヌ師じゃない本格チヌ師達の日々奮闘のブログ群はこちらから閲覧できます。
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 紀州釣りへ
にほんブログ村
    ↑
小チヌ師じゃない本格紀州釣り師達の日々奮闘のブログ群はこちらから閲覧できます。


スポンサーサイト



テーマ : 釣り - ジャンル : 趣味・実用