fc2ブログ

第1回紀州釣り遊撃釣行

前回の大阪湾のホームグランドでの紀州釣りは低調にボーズと紙一重状態で終わってしまったため、では他の大阪湾ではどんなものだろうと遊撃釣行に行ってきました。

10月14日(木)、そんなわけで大阪湾の某ポイントです。
ここはこの時期平日ならば釣り人が非常に少ないのでお気に入りの場所です。

午前7時前釣り場到着です。
先行釣り人、右100m向こうにフカセ釣りと思われる人2名です。左は視界の限り誰もいません。

午前7時15分、釣り開始です。
いつもの仕掛け道具立てダンゴ配分で釣り開始です。
本日持ってきたサシ餌は砂糖漬けオキアミとコーンです。

本日は小潮、右にそこそこの速さで流れています。
念入りに底取りしてタナは底切り5㎝の基本的な紀州釣りのスタイルで攻めます。

第1投、砂糖漬けオキアミがそのまま返ってきました。えっ??
第2投、第3投、第4投、第5投も砂糖漬けオキアミがそのまま返ってきます。
・・・・・・・・・・
第6投、第7投、第8投、第9投、第10投、完璧に砂糖漬けオキアミがそのまま返ってきます。
頭をかじられることもまったくありません。
実は例年ならば小サバいっぱい小アジいっぱい、おまけにボラもいっぱい、フグ無数ポイントなのですが、完全なまでに沈黙しています。

まったくの想定外な展開です。
いったいどうしたことなのか・・・

あっという間に1時間が経ちましたが、まったくダメ、ボラの気配すらありません。


そして2時間が経ちました、根気よく活性を上げるダンゴの打ち込みをしますが効果がまったくありません。
これまでに魚の気配と言えばオキアミの頭をほんの僅か2回だけかじられたのみです。
それ以外は砂糖漬けオキアミがそのまま返ってきます。


そしてそして3時間経過です。
午前10時15分、絶望的な状況です。
サシ餌さえ取られないウルトラパーフェクトボーズ一直線な状況です。
時間がもったいないので早上がりを意識しだします。
とにかくよろしくありません。



午前10時46分、潮の流れは右にほどほどに速く、いつものダンゴの着底後すぐに崩壊させ流して食わせる「瞬間芸の紀州釣り」を展開していました。
この投回、ダンゴが崩壊してから約5秒後、ほのかな魚の気配です。
波の波長とウキの乗りのわずかなズレを発見、それは持ちの時間の長さからチヌの気配を確信するに至りました。
状況下から食い込むか?約10秒後ウキが1.5㎝ほど頭を押さえたところでアワセを入れます。
瞬間ズシンと竿に魚の重みが乗りました、良く引きます。
底を這うように手前で横走りします。
一瞬ボラかと思いましたがこれまでボラの気配を感じていなかったのでたぶんそうであろうと思いながら魚をいなします。
姿を現したのは39.5㎝チヌでした。
ああ良かった。


以降2枚目のチヌを目指して攻めの釣りをしますが。
再びウルトラパーフェクトボーズな状況が延々と続きます。


そして午後0時50分、納竿です。
釣り場は誰一人おらず私だけになっていました。
撤退です。



本日の全釣果です。
チヌ(39.5㎝)1枚。他の魚は一切何も釣れずでした。



まとめです。
今回は前回よりもさらに悪くなってウルトラパーフェクトボーズと紙一重な釣行となってしまいました。
絶望的な状況下でチヌが1枚釣れたのは幸運以外のなにものでもないと考えています。
たった1度でしたが、チヌのアタリを見ることが出来て本当に良かったと思っています。
しかし紀州釣りでチヌを釣っていて毎回思うことは、「チヌのアタリは深い」ということです。
その深淵さ故に何枚釣ってもまったく飽きることがありません。
今回もたった1度でしたが、見ることが出来ました。
状況を考えると今回はもうこれで十分かなと思います。

それでは失礼いたします。



DSCN1097_convert_20211019233617.jpg
     奇跡の一枚です。タモですくった時に外れるような唇皮一枚の掛かりでした。



小チヌ師じゃない本格チヌ師達の日々奮闘のブログ群はこちらから閲覧できます。
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 紀州釣りへ
にほんブログ村
    ↑
小チヌ師じゃない本格紀州釣り師達の日々奮闘のブログ群はこちらから閲覧できます。

スポンサーサイト



テーマ : 釣り - ジャンル : 趣味・実用