FC2ブログ

徒然事 53

ここのところ非常に忙しく、また天候にも恵まれず釣りに行けていません。
本来なら毎年恒例のオモリズリズリをして大阪湾のホームグランドの底の状態を調査、またホンダワラ・ワカメ・その他の海草の切れ具合を確認したいのですがそれもこの忙しさで行けそうにもありません。

そんな忙しさの間隙を縫ってあれは絶対にやらなければ・・・・・

そう、本年度の紀州釣りで使うサシ餌、『砂糖漬けオキアミ』の製作です。


まずは去年作り立ての砂糖漬けオキアミから。
DSCN0309_convert_20180630231007.jpg


完成から冷凍保存でなくづっと冷蔵保存をして徐々に使ってこうなりました。
DSCN0533_convert_20190620111820.jpg


この状態でも十分にサシ餌で使えますが、本年もこの時期に新しい砂糖漬けオキアミを作りたいと思います。
ちなみに過去20年以上、99%以上の比率でこの砂糖漬けオキアミをサシ餌としてチヌを釣り上げています。
感覚的にはほぼこのサシ餌のみで釣っているといっても過言ではありません。

去年の紀州釣りの釣行は全23回、1回のみコーンを30粒ほど持っていきましたが使わず。
一回のサシ餌の経費は28円と非常にお安く済みました。
またこれ以外にもフカセ釣りのサシ餌としても使っており、さらにお得感はあります。


で、作ります。


冷凍庫から3キロのフカセ釣りで使うオキアミブロックL寸1枚を取り出し半分の1.5キロに切断します。

そして解凍して余分な液を抜きます。
DSCN0535_convert_20190620111943.jpg

約6時間経過、解凍できました。液もたくさん落ちています。

DSCN0538_convert_20190620112046.jpg
そして砂糖に漬けていきます。

まんべんなく砂糖をまぶして冷蔵庫で保管、浸透圧でさらにオキアミの水分を抜いていきます。




約36時間が経過しました。

DSCN0540_convert_20190620112318.jpg

DSCN0542_convert_20190620112417.jpg
アップするとこんな感じです。全体的に砂糖にオキアミが漬かって水分が抜けています。

DSCN0546_convert_20190620112516.jpg
ザルに移して再び余分な水分を落としていきます。




8時間が経ちました。

DSCN0548_convert_20190620112709.jpg

余分な水分が落ちました。
通常の砂糖漬けオキアミならこれで完成なのですが、私流はさらに加工を進めていきます。

再び砂糖に漬けていきます。

DSCN0554_convert_20190620112820.jpg
こんな感じです。


容器の蓋をテープなどで頑丈に固定して振ってまんべんなく再びオキアミに砂糖をまぶします。

DSCN0556_convert_20190620112924.jpg
なんとかまぶせました。
この状態で冷蔵庫に保管、さらにオキアミの水分を抜いていきます。





48時間が経ちました。


出来ました。
DSCN0563_convert_20190620113410.jpg

アップにするとこんな感じです。
DSCN0566_convert_20190620113448.jpg


これで完成です。
後は冷蔵庫に入れて保管して、使っていきます。
今回の経費はオキアミ400円、砂糖230円ぐらいです。

サシ餌の砂糖漬けオキアミも用意できました。
ぼちぼち来月から本格的に紀州釣りを再始動していきたいと思います。



それでは失礼いたします。





小チヌ師じゃない本格チヌ師達の日々奮闘のブログ群はこちらから閲覧できます。
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 紀州釣りへ
にほんブログ村
    ↑
小チヌ師じゃない本格紀州釣り師達の日々奮闘のブログ群はこちらから閲覧できます。


スポンサーサイト

テーマ : 釣り - ジャンル : 趣味・実用