大阪湾HG第8回釣行

8月に入りました。
8月の第1週は1年で最も気温が高い週です。
そんな中、8月3日(木)大阪湾のホームグランドに紀州釣りに行ってきました。

本日は朝からのお休みです。
午前6時30分、釣り場到着です。
先行釣り人1名。
激流ポイントでカゴ釣りをされています。

私の方はレギュラーポイントに釣り座を構えます。
本日もダンゴ材は少なめ、暑さ対策でお昼過ぎには撤退したいと思っています。
とにかくこの時期は無理はしないようにしています。


午前7時20分、釣り開始です。
本日は若潮で干潮が午前10時30分頃です。
見立ては午前11時30分までに釣りになればいいなぁ、です。


本日も速いテンポでダンゴを打っていきます。
釣りたいというよりも、早くダンゴを打ちきって家に帰りたいからです。
もうすでに暑いです。
これからどんどん気温が上がることを考えると、この暑さに耐えれるか少し不安になってきます。


タナ取りは精密に、本日も底切り5㎝、昔の紀州釣りです。
海面下に沈む玉ウキをじっと見つめます。
エサ取りはぼちぼち、活性は先週ほどではありません。
とにかくポイントの活性を上げるダンゴの打ち方をしてチヌを呼び込みます。
やがてダンゴの崩壊速度が30秒だったのが5秒に、いい感じでポイントが出来上がりつつあります。
あとはチヌを待つのみです。


開始1時間ぐらいからチヌの気配が見え隠れするようになりました。
ここのところ比較的寄りが早いです。


午前8時40分、チヌの前アタリを捉えます。少し待ってじんわりと沈んでいくチヌ独特の持ちの長いアタリ。
本アタリです。
アワセ。乗りました。
とりあえずの30㎝チヌ。


午前9時15分、前アタリ。
じっと待って本アタリ。
この間、これはチヌだろうとか、ベラだろうとか、アタリを凝視してチヌかどうか判別しています。
その作業が非常に楽しいわけで、いかに正解率を高めるか、それがこの紀州釣りの楽しさだと思います。
チヌ27㎝でした。正解。


午前9時40分、仕掛けを回収しようと思ったら居食いで27㎝チヌ。
わかりませんでした。
これはよろしくありません。
このような場合はタナ設定がトンチンカンなことになっていないか点検します。
やはり先ほどウキ下をさらに10㎝切ったつもりが、間違って10㎝長くしていました。
このイージーミスとタイミングの悪さが先の現象を生みました。
再びタナ設定を底切り5㎝にします。


午前10時00分、前アタリを捉え、本アタリを待っていたら、珍しくウキがズボっと沈んで24.5㎝チヌ。


とにかく暑くなってきました。
大量の飲料水とうちわで暑さを凌ぎます。
午前10時10分頃にカゴ釣りの方が帰られ、私以外は半径1㎞以上にわたって誰もいない状況になりました。
このような状況下で熱中症になると大変なことになるので以降は慎重に体と相談しながら釣りを続けていきます。


しかし、以降はチヌのアタリはポツポツと計4回、すべて本アタリにつなげて掛けましたが18~19㎝のマイクロチヌでした。


そして午後1時、ダンゴ切れと暑さのため納竿。
午後1時40分、簡単なゴミ拾いをしながらの撤退となりました。




本日の全釣果です。
チヌ(30、27、27、24.5㎝)4枚。マイクロチヌ4匹、キュウセンベラ2匹、サバ3匹、チャリコ2匹、以上でした。



まとめです。
後半失速してしまいました。
しかしマイクロチヌ4匹がそれなりのサイズだとそこそこの釣果だし、そう考えるとこんなものかなぁと思います。
前回、漁師さんが網を入れるまで実はチヌだらけになりつつあったので、それに比べると本日はチヌの寄りが少なかったかなと思っています。
よってマイクロチヌが後半釣れたのもこれに起因しているのではと推測しています。
それよりもこの暑さ、早く納竿して正解だったと思います。
炎天下、無風微風の紀州釣りはおじさんにとって危険極まりないものです。
以降も身の程をわきまえて釣行したいと思います。



それでは失礼いたします。





P1090339_convert_20170806230344.jpg
 良型を期待しましたが不発でした。とにかく暑かったです。早く涼しくなってほしいものです。






小チヌ師じゃない本格チヌ師達の日々奮闘のブログ群はこちらから閲覧できます。
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 紀州釣りへ
にほんブログ村
    ↑
小チヌ師じゃない本格紀州釣り師達の日々奮闘のブログ群はこちらから閲覧できます。




スポンサーサイト

テーマ : 釣り - ジャンル : 趣味・実用