大阪湾HG第7回釣行

7月29日()、午後から時間が空きましたので大阪湾のホームグランドに紀州釣りに行って来ました。


午後0時30分頃、釣り場到着です。
先行釣り人、誰もいません。本日土曜日なのに誰もいません。
平日ならわかるのですが、やはり暑い釣れないが当地へ釣り人が足を運ばせない原因かと思います。


早速、準備をして午後1時05分頃、釣り開始です。
本日も熱中症対策でダンゴ材は少なめ、短時間でサッとチヌを釣り上げて、早めに納竿・撤退したいと思います。
本日のポイントは斜め前からの風を受けるレギュラーポイントです。これも熱中症対策です。
見立ては干潮が午後4時30分なので、午後3時までにチヌを集めて前回のように一気に釣ることが出来ればいいなぁ・・です。


誰もいない釣り場でいつもの昔のスタイルの紀州釣りを始めます。
タナは毎度のことながら底切り5㎝。
付近はまったく紀州釣りをした痕跡がありませんので、とにかく早い回転でチヌを集めることを心掛けます。


本日、第1投目からサシ餌の砂糖漬けオキアミが瞬殺されています。非常にいい感じです。期待が持てます。


午後1時22分。第4投目、その予感が的中しました。
10秒でダンゴを崩壊させ、約15秒で仕掛けをあげようとして、ハンドルを3~4回巻いたところで、突然魚が飛びついてきました。
このパターンはほぼアジなのですが小アジにしては非常に良く引きます。
大アジか、刺身がやって来るなどど思いながら姿を見せたのは、なんとチヌ、25㎝でした。
非常に珍しいチヌの釣れ方です。


午後1時30分頃。非常にいい感じというか珍しいというか、開始約30分でチヌの気配がウキから見てとれるようになりました。


午後1時43分、これを裏付けるようにチヌの前アタリ、ただ小アジと微妙に似ているので慎重にアタリを判断します。
待ってじっくり見てアタリの質感が重いのでチヌと断定、十分なタイミングでアワセ。
正解。乗りました。
27㎝チヌ。
たぶんもうすでにチヌが数匹集まっている模様です。


ここで私が考えたのはダンゴ打ちのペースを落としてこのまま1枚づつチヌを釣っていくか、それともこの速いペースと見切りを維持して、より多くチヌを貯めて後で一気に釣り上げていくかの二択でした。

結論は後者。まだチヌの貯めが足らない模様だし、目指すなら時速10枚の世界です。
可能性を感じているならば挑戦すべきと考えました。


以降も比較的速い回転でチヌを集めます。
ダンゴ崩壊から約15~20秒で仕掛けを回収するのですが、それでもチヌの気配が見え隠れします。


本日、寄りが非常に早いので、ひょっとすればひよっとするかも。
期待が膨らみます。
そう感じた直後でした。


午後2時のことでした。
向こうから一隻の漁船がやって来ます。
近づいてきて漁師さんが一言。
「網入れるから竿あげてや~~~~~」
一旦向こうに行って刺し網を入れながらこちらにやって来ます。
刺し網を入れながら前を通りすぎる時に漁師さんがまた一言。
「もう釣りやってええよ~~~~~~~~」
私、漁師さんに会釈しながら感じていました。
(う~~~~~~~~ん、厳しい~~。本当に厳しい~~~!この展開は厳しい!!!)

漁師さんは仕事で生活がかかっているわけで、こちらは遊びなのでもうあきらめの境地ですね。

刺し網が入ったラインは投点の真ん中から少し手前の距離、作ったポイントから12~15mのところです。


これがどう今後に影響するか???
効果てき面でした。
まったくチヌの気配がなくなりました。貯めてたチヌがどこかへ行ってしまいました。
残念。


しかし、まだダンゴ材が残っているので粘りの釣りを展開します。
決してあきらめない。
状況下で最善を尽くします。
再びチヌを寄せ直すダンゴ打ちをします。
しかし反応は極めて鈍く、まさに粘りの釣りです。
跋扈しているのは小アジとベラ、スズメダイの類となってしまいました。


そんな中、午後3時20分、24㎝チヌ。午後4時25分、22㎝チヌをなんとか釣ることが出来ました。
ポツリポツリで終わりです。
そして午後5時納竿終了です。



本日の全釣果です。
チヌ(27、25、24、22)4枚。小アジ5匹、チャリコ2匹、以上でした。



まとめです。
これはひょっとするかもと思った直後の大どんでん返し。
釣りは筋書きのないドラマでした。
まさか刺し網が入るなんて考えもしませんでした。
ポイントから15m離れていても一旦網が入るとダメになってしまいますね。
以降は厳しい釣りになってしまいました。
当ブログでここは紀州釣り師が来ないと良く書いていますが、その理由として釣れない、釣れてもほとんど小チヌばかりで紀州釣りのポイントとしてまったく魅力がないと述べています。
が、肝心なことを書き忘れていました。
そう、ここは漁師さんの網が入るのです。ポイントとしては致命的です。だから紀州釣り師が来ないんですよね。
しかし、私としてはたとえ刺し網が入ろうともこの釣り人が非常に少ないこの地が大好きなので、引き続きチヌを釣っていきたいと思います。



それでは失礼いたします。





P1170335_convert_20170730210606.jpg
            粘りの2枚追加。これが私の技量の限界です。





小チヌ師じゃない本格チヌ師達の日々奮闘のブログ群はこちらから閲覧できます。
    ↓
にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 紀州釣りへ
にほんブログ村
    ↑
小チヌ師じゃない本格紀州釣り師達の日々奮闘のブログ群はこちらから閲覧できます。


スポンサーサイト

テーマ : 釣り - ジャンル : 趣味・実用